HR100からのMHF

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最適なスパー相手

相変わらずディアブロス変種の立ち回り研究である。
ディア募集の野良PTに色々と参加させていただいている。
今の課題は、地中潜行に引っかからないようにすることである。
地中からの突き上げを誘った後、どの立ち位置から攻撃を仕掛けるかが難しい。
今は後ろから左足に向かってジャンプ斬りコンボ→前転を使用しているが、問題はその後である。
感触がよかったのが、左足後方に抜けるように再度コンボを仕掛けていく方法だ。
これだと地中潜行にも引っかかることなくダメージを稼げる。
まあ最大の問題は、足狙いで果たして倒せるのか、という部分なのだが。

mhf_20091029_130113_520.jpg

別にアクロバティックに遊んでいるわけではないので、勘違いしないで欲しい。
ディアブロスと戦うと、いつも吹っ飛ばされてフィニッシュしている気がするが…
ローク装備の素材である「不朽の角笛」も5つ集まったので、落ち着いて対策を練れそうだ。
それにしても、結構連戦しているのに剛角はまだ2つ…やはりドロップ率は悪い。

その後バサルRグリーヴの素材集めに、ラクスカリンガで上位バサルに行ってみた。

mhf_20091029_153743_050.jpg

しかしこの片手剣は強い。
HR31から作れるとは思えない性能である。
片手剣素人の私が使っても、10分針で捕獲できた。
他の方からすれば遅いのかもしれないが、私の中ではさくさく倒せた方である。

最近はバサルモスと戦うのが面白い。
餓狼片手剣の立ち回り考案にはうってつけの相手だと思う。
回避を使う場面と、ガードを使う場面がはっきりしているからだ。
基本は回避を使うのだが、相手との距離や立ち位置によってはガードを使う。
この見極めがなかなか難しい。
バサルモスにノーダメで勝てるようになれば、餓狼片手剣の実力がまた一つ上がる気がしている。
スポンサーサイト
  1. 2009/10/31(土) 17:01:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

武器はやはり使い心地

モイストカリンガをラクスカリンガまで強化した。
今週は金銀アクラ・ヴァシムが来ていたので、金欠もさくっと解決。
1回で10万zの大金が入る良クエである。
まあ私は双剣担いで逃げ回っていただけなのだが(ぉ
次の強化であるシヌスカリンガには、灰晶蠍の尖爪が必要。
そう、アクラ・ジェビアである。
実は、まだジェビアとは一度も戦ったことがなかったりする。
ついにこの時が来てしまった…避けては通れない道ではあれど、出来れば避けたかった。
腹を決めて、折を見て倒しに行ってこようと思う(当然PTであるが

今日はひとまず強化したラクスカリンガを片手に、色々なクエで試し切りをしてきた。
まずはリオレウスである。

mhf_20091028_235636_624.jpg

ちょうどレイアSフォールドの強化に火竜の逆鱗が必要だったのだ。
頭をサクサク切っていただけであるが、結構楽しかった。
何度か連戦したが、結局逆鱗は出なかった。
しかし感触は良かったので、また明日以降行ってみようと思う。


mhf_20091029_003716_918.jpg

続いてはリオレウス希少種。
逆鱗集め目的で行ってみたのだが、やはり銀レウスは片手剣だときつい。
弱点の翼に当てるのが難しいのだ。
切り上げコンボで、なんとか切っ先を翼に当てるよう頑張ったのだが…
あまり芳しくはなかった。
PTメンバーに迷惑をかけてしまったので、銀レウスに行くときは自重しようと思う。
だが悔しいので、立ち回り研究をしてからこっそりとまた参加するかもしれないがw


mhf_20091029_005120_379.jpg

最後はディアブロス亜種。
ディアブロス変種に向けた研究である。
やってみて初めて気付いたことがあるのだが、怒り状態の行動スピードが原種より早い。
あまりディアブロスに行ったことがないから、今まで気付かなかった。
自分の中での回避タイミングだと、ことごとく尻尾に弾き飛ばされた。
原種以上に立ち回りが難しいと感じた。
まあ立ち回りの改善点が少し見つかったので、収穫はあった。
それにしても…ラクスカリンガでダメージを与えれているのか、甚だ疑問である。
相変わらずの地雷っぷりだが、気にしては負けであるw

こうしてラクスカリンガを使ってみたのだが、使い心地は十分満足であった。
これを最終強化のマレカリンガまで強化したら、一体どんなことになるのか…
今から楽しみでしょうがない。
  1. 2009/10/30(金) 01:47:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

家計は火の車

mhf_20091027_111200_811.jpg

金欠である。
回復薬の在庫が少なくなってきたので、まとめ買いしようと思ったのだが…
普段利用しているのでツケてもらおうとしたが、断られてしまった。
世の中は世知辛いものだ。

餓狼片手剣でいこうと決めてから、片手剣の充実を図った結果、金欠になってしまった。
まあそんなこと考えなくても年中金欠なのだが…。
とにかく金策を考えなくてはならない。
そういえば、キリン片手剣を強化中であった。
そこで素材を集めながら金策することを考えた。

mhf_20091027_122124_921.jpg

久々の上位キリンである。
いつもはハンマーで行くのだが、試しに毒片手剣で行ってみた。
角以外は硬いキリンなので、毒殺が有効なのではと考えたのだ。
削りあいになるので、今回は防御力重視の装備で行くことに。

結果は残り5分を切る死闘となった。
回復も使い切ってしまったので、これなら素直にハンマーで行ったほうがよかった。
そもそもキリンには睡眠属性以外、あまり効果的ではなかった気がする。
それがわかっただけでも収穫はあった…ということにしておこう。
必要な素材は集まらなかったので、どうせもう一度上位キリンには行かないといけない。

続いて、水属性片手剣だ。
オデッセイくらいしか有用な片手剣はないと思っていたのだが、調べてみるとマレカリンガという水属性片手剣があった。
ドン・ダガーもいいのだが、私は装備を見た目で決める派なので、断然マレカリンガである。
色々と素材が足りないので強化途中であるが、一応形にはなった。
水属性片手剣「モイストカリンガ」である。

mhf_20091027_134204_257.jpg

見て欲しい、この美しいフォルム。
まるで刃が盾を貫いているように見えるが、それは目の錯覚である。
青く澄んだ色合いが、まさに水属性といった風を醸している。
嬉しくなって、つい試し切りにいってしまった。

mhf_20091027_133225_451.jpg

日ごろの恨みをはらすべく、相手は蟹である。
うむ、最高の使い心地だ。
飛び散る飛沫が、水属性の証である。
割と水属性が有効な相手は多いので、今後活躍する機会も多いことと思う。
だが、最大強化には100万Zを超える金が必要なので…
とりあえず、しばらくは金策に走らないといけないようだ。
  1. 2009/10/29(木) 13:56:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

因縁の対決

mhf_20091027_013836_839.jpg

リオハートRグリーヴの強化のため、レイア変種と連戦。
相変わらず剛爪は一向に出る気配がない。
片手剣での立ち回りはだいぶ出来てきて、サブクリ達成が15分針。
それでも時間はかかる。
もう少し確率を上げて欲しいと思う今日この頃である。

あまり連戦していると精神衛生上よろしくないので、気分転換にタロスRアームの強化に向かった。
素材はカンタロスの頭である。

mhf_20091027_130309_132.jpg

樹海のカンタロスクエには大分とお世話になっている。
以前、黒刀作成にカンタロスの頭が大量に必要になり、1日中虫狩りしていたことがあった。
朝から始めて、気の遠くなるような作業の末、完成したときには日が暮れていた。
とても嫌な思い出である。
そんな苦労をしたためか、虫取りの技術は上がっているようだ。
今回は2匹目で奇跡の頭ゲット。
サクサクと強化に成功。
こうしてタロスRアームをレベル2に強化できたのだが…

mhf_20091027_130513_026.jpg

レベル3の強化素材である。
今度こそ声を大にして言わせてもらおう。
ま た お 前 (剛爪) か !

まだまだレイア変種との戦いは終わりそうにない。
  1. 2009/10/28(水) 01:44:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無念の敗退

mhf_20091025_122038_672.jpg

とにもかくにも剛角が欲しい。
しかし剛角はディアブロス変種でしか入手できないので、奴を倒すことが必須条件である。
現状では捕獲すら難しいと思われるので、王道の「角を折ってサブクリ」を目指すことにした。

今回はガチである。
防御力を重視したメイン装備に、バルカンハンマー。
角折りを視野に入れながら、サブクリの「主目標への一定ダメージ」を目指す。
ディアブロス変種の肉質は、頭以外は平均的な肉質なので、龍属性の通る尻尾を重点的に殴る。
無理と思ったら足だろうと腹だろうと、殴れるところを殴っていった。

mhf_20091025_123403_360.jpg

だが結果は無念の時間切れであった。
角は1本折れていたので、サブクリさえ達成できれば剛角が入手できる可能性はあったのだが…

はっきり言って、かなりヘコんだ。
個人的には、バルカンハンマーさえ使えばサブクリは容易だろうと考えていた。
ディア慣れしていないとはいえ、上位でも最高峰のハンマーである。
PSの不足分を補ってくれることを期待していた。
それでも時間が足りなかった。
残り時間10秒まで粘ったが、無理であった。

mhf_20091025_124033_573.jpg

MHFの問題点については、多く耳にすることがある。
敵の体力が異常に高く、PTプレイでなければ倒すのは非常に厳しいということ。
素材入手確率が異常に低いため、一つの装備を作るのに同じ敵を何回も倒さないといけないこと。
これらが、剛種武器指定やハメなどを横行させる原因となっている…。

運営チームが目指している場所がわからないので何とも言えないが、これらはナンセンスだと思う。
こういった問題点が、モンハンの楽しさをわからなくしているのだ。
異常に強い敵にイライラし、それを倒す装備を作るのに別の敵と何十体と戦わなければならない。
初心者やライトユーザーが疲弊するのも当然である。

結局のところ。
純粋に敵と戦うことを楽しめればいいのだ。
そのためには、強い装備など不要である。
弱い装備だっていい。
そこに仲間を思いやる気持ちさえあれば、どんな強敵だって倒すことはできる。
そんな風潮が広がれば、きっとMHFはもっと楽しくなると思う。
だが、それが難しいことも事実なのだ―――――
  1. 2009/10/27(火) 12:44:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

角竜の恐怖

捨身のピアスを強化するために、闘技訓練で甲殻のコインをGetしに行った。

mhf_20091024_125001_018.jpg

ハンマーと片手剣で挑んだのだが、やはり将軍様はなかなか強い。
3戦ほど戦って、2勝1敗。
最後の3戦目はそこそこ上手く立ち回れたと思う。
それでも応急薬をグビグビ飲み干すこととなったのだが…。
これで捨身のピアスはレベル3に。

mhf_20091024_184722_074.jpg

今度は牙獣のコイン集め。
フロンティアクエストのランス限定クエストに行ってみたのだが、やはり餓狼でランスは厳しいものがあった。
頭狙いに絞った場合、最低でもステップが2回使えないと、敵の攻撃範囲から逃げられないのだ。
頭以外をちくちくやるか、早めの離脱を心がけるしかない。
そこまでして餓狼を維持するくらいなら、普通にスタミナ満タンで戦ったほうが効率はいいだろう。
ランスはスタミナ勝負なのである。

こうしてレベル4まで強化することができた。
レベル5には古龍のコインが必要なので、また来週以降になりそうだ。

その後、ローク装備を作りたいと思い、素材を見ると「飛竜種の剛角」が必要であったので、ディアブロス変種にラスタをつれて行って見た。
正直、ディアブロスは大嫌いである。
武器による相性差が激しいので、片手剣だとかなり厳しいのではないかと個人的には思っている。
安定させるなら弓だと思うのだが、まともなガンナー装備がないので、仕方なく片手剣で行くことに。

mhf_20091024_193904_648.jpg

結果はご覧の有様である。
もはや武器相性云々以前に、自分のPSが終わっている。
攻撃の実に5割はスカしていたと思う。
あまりにもディア様に慣れていないので、野良PTに混じって立ち回りの練習をすることにした。

上位ディアブロスだったのだが、それでもかなり苦戦した。
足元に張り付いているだけで、地味に体力が削られていくのだ。
少し立ち回りに光明は見えてきたが、それでもまだまだである。
どうにか最適なポジションを見つけたいところだったが…

mhf_20091024_201603_533.jpg

結果はご覧の有様である。
倒すことはできたが、討伐寸前にBC送りになるという痴態を晒してしまった。
あまりの恥ずかしさに、挨拶もそこそこにワールド移動したのは言うまでもない。
とにかく、対ディアブロスの立ち回りをどうにかしなければ…なのである。
  1. 2009/10/26(月) 20:24:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

奇面族のお祭り

とりあえず、以前作った餓狼装備を強化することにした。
脚に使っているクックUグリーヴを、レベル7まで強化していく。

mhf_20091023_224149_156.jpg

上位クック亜種をひたすら乱獲していく。
最大強化に必要な「怪鳥の地獄耳」がなかなか落ちなかった。
餓狼の立ち回りを煮詰めながら、8戦目にしてようやくゲット。
こうしてスロ3になったので、攻撃【中】から攻撃【大】にスキルアップすることができた。

その後はPT募集に混じって、PTでの餓狼の性能を試してみた。
しかし、下位だとスタミナが25%に達する前に討伐完了してしまうし、上位だと怒り状態の攻撃に耐えられないという結果となった。
運用するなら、最低でも怒り状態の攻撃に当たらない立ち回りを構築しないと無理だと思った。
PT戦で投入するのは、もう少し先の話になりそうである。


そして気分転換に、期間限定クエストである「奇面族の集会」に行ってみた。
頭、胴、腰の限定装備が作れるというので、意気揚々と出発。
内容は「チャチャブー20匹の討伐」、難しい内容ではない。
ラスタは参加できなかったので、完全ソロで行くことに。

mhf_20091024_004310_899.jpg

mhf_20091024_000821_597.jpg

適当にエリアを巡回して10匹以上倒すと、エリア8に大量のチャチャブーが湧く。
愛用の毒片手剣を左手に、果敢に敵軍の中に飛び込んでいく。
にしても集まりすぎw
まさに集会というクエスト名にふさわしい集合っぷりである。
正直言うと、何回か天に召されることもあったり。
アイルーの方々には、いつもお世話になっている。

mhf_20091024_014232_187.jpg

こうして完成したチャチャブー装備。
スキルに状態異常強化があるのが、チャチャブーらしくてよい。
見た目もイベント装備らしさが出ていて秀逸だと思う。
気が向いたら、ちょっとしたクエストに着ていってみたいと思わせる一品だ。
こういった期間限定のお祭り、私は大好きなのである。

  1. 2009/10/25(日) 02:30:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

餓狼装備

mhf_20091018_230317_215.jpg

HR100になって、既に色々とクエストに行ってみたのだが。
ボスモンスターと戦う以前に、雑魚にリンチにされて死んでいく自キャラの姿に、正直涙が出てきた。
特に蟹である…気がついたら囲まれているのだからタチが悪い。
雑魚ですら5,6発攻撃を当てなければ倒れないのだから、そのタフさには辟易する。

仕方ないので、装備を一新することにした。

考えたのは、将来的に必要になるであろう火力を見越した凄腕装備である。
防御力580に剛力スキル、そしてマイナスのない耐性値と、個人的には優秀だと思っている。
しかし、強化に必要な祭典の証がまったくない。
初参加だった先の狩人祭は蒼竜組だったので、勝ち組クエストにいけないのだ。(蒼竜組の負け
まあ次回の狩人祭では強化できることを期待しよう。

だが、それまで何もしないのも暇なので、試しに餓狼装備を作ってみることにした。

mhf_20091023_011336_664.jpg

性能よりも作成難易度の低さを重視して作った装備である。
まだ最大まで強化していないので、防御力は250前後である。
予定している強化を終えても、防御力は300程度になるはずだ。
HR100において防御300とは、怒り状態の敵の攻撃で即死の危険性があることを意味する。
しかしまあ、なんとかなるだろうとタカをくくっているw

発動スキルは餓狼+2、攻撃【中】、見切り+2、その他モロモロ。
最終的には攻撃【大】と見切り+3になる予定。
ちなみに剛力珠は一つだけしか使っていない。
フルにスロットが空けれれば、剛力珠なしでも上のスキルが発動できる。
しかし頭の「捨身のピアス」の強化がしんどいので、当分は先の話である。

mhf_20091023_040236_981.jpg

闘技場の下位バサルモスには、申し訳ないことをしてしまった。
試し切りにはもってこいだったので、つい連戦してしまった。

それにしても、餓狼スキルは楽しい。
見切り効果もあるのか、バシバシ青エフェクトが出るので爽快である。
試しに片手剣で立ち回ってみたのだが、相性は抜群だと感じた。
世間では餓狼近接は太刀が主流みたいだが、しばらくは片手剣を試してみようと思う。
  1. 2009/10/24(土) 00:56:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MHFの楽しさ

mhf_20091020_180001_556.jpg



先日、ついにHRが100になった。
そこで、今までのMHF生活を振り返ってみたのだが…

正直、何も心に残っているものはなかった。
ひたすら素材を集め、PTに参加し、寄生しながらHRPを貯めていく。
そこに感動もなければ、達成感というものも存在しなかった。
ただただ、モンハンという名の作業を繰り返しているに過ぎなかった。

このままではいけない、そう強く思った。
所詮はゲームであるが、ゲームであるからこそ楽しまなくてはいけないのだ。
ゲームとは、本来楽しいもののはずである。

だから、ここから始めていこうと思う。
HRが100になった今こそ、もう一度モンハンを楽しむべきなのだ。
HR100になれば、全てのクエスト・武器防具が解禁される。
一気に世界が広がる。
この世界で、MHFの楽しさとは何なのか、それをもう一度探しにいこうと思った。


mhf_20091020_153624_879.jpg



自己紹介が遅れました、Ashといいます。
サーバー3でちまちまプレイしているへたれハンターです。
ちなみに同じIDの方が複数人いらっしゃいますが…
一番へたくそで地雷臭プンプンのキャラを見かけたら、間違いなく私です。
他のAshさんには、本当に迷惑をかけていると反省しています。

このブログの趣旨は、「MHFの楽しさをみつけよう」というものです。
それが何なのか、私自身にもわかりません。
ですが、色々と冒険しながら、それを探してみたいと思います。

ちなみに仕事が特殊な勤務形態なので、更新は不定期になると思いますが、どうにか頑張っていこうと思います。
いちおう、一つの目標は持っていて、それは「すべての敵をソロ討伐すること」というものです。
それを達成してブログを閉じるか、達成する前に消去されるかw
それはわかりませんが、まあマイペースで続けていけたらな、と思っています。
これからよろしくお願いします。
  1. 2009/10/23(金) 11:56:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Ash

Author:Ash
サーバー3で活動するへたれハンターです
基本的に自由区をうろついています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (98)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。