HR100からのMHF

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

餓狼スキルと双剣

早速ハイプレジャーSPを剛種適正試験に投入してみた。
選んだクエストは「剛種適正試験・岩竜と毒鳥竜」である。
バサルモス変種とドスイーオス変種の討伐、クエスト的には一番難易度が低そうだった。
とはいえ、こちらのハイプレジャーは未強化。
正直どこまでいけるか、やってみないとわからない状態だ。

装備はいつもの餓狼装備。
「あれ?」と思われたかもしれない。
双剣なのに餓狼装備なのかと。
スタミナを消費することで強力な乱舞を使える双剣。
対して、スタミナを最低値にすることで会心率を上げる餓狼スキル。
どう考えても共存は難しいと思われる。

しかし、こう考えることもできる。
わずかでもスタミナがあれば、乱舞は最低でも1回は使える。

mhf_20100108_225622_610.jpg

ということで、実際にやってみた。
根本的な双剣の立ち回りが終わっているので被弾しまくりだが、感触は悪くない。
バサルモスのホバリング→前転で下に潜って鬼人化連打→着地に乱舞という滅茶苦茶なこともできた。
スマートではないが、やりようはあるということだ。
後は被弾しない乱舞のタイミングや、双剣の立ち回りが固まれば、餓狼装備でもいけそうである。

ちなみに餓狼双剣の考察をされているブログは幾つかあるが、ほぼ全ての記事で
「餓狼双剣より普通に戦った方がDPSは高い」という結論に達している。

だがまあ、自分でやってみないことにはわからない。
ランナー装備も作れないことはないが、それまでは餓狼装備で双剣を頑張ってみようと思う。

mhf_20100108_230020_231.jpg

それはそうと剛種適正試験であるが、結果は敗北に終わった。
バサルモスは捕獲ラインまでは弱っていたのだが、あと一歩が届かなかった。
加えて想定外だったのが、ドスイーオスの強さである。
双剣だと青ゲージでも弾かれる上に、バサルモスを超える攻撃力で苦しんだ。
そこにチャチャブーまで乱入されては…とても勝てる状況ではないww

腕の差は装備でカバー。
ハイプレジャーSPをもう少し強化してから挑んだ方がいいのかもしれない。
スポンサーサイト
  1. 2010/01/09(土) 00:21:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<氷属性片手剣完成 | ホーム | 剛種を目指して…>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rok6.blog104.fc2.com/tb.php/79-e068233d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Ash

Author:Ash
サーバー3で活動するへたれハンターです
基本的に自由区をうろついています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (98)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。